「2018年4月」の記事一覧

弁護士と司法書士の集客の違いは?

弁護士 司法書士 集客

どの業種も集客は同じ

こんにちわ

河北です。

今日は弁護士と司法書士との集客の
違いについて書いてみたいと思います。

基本的に集客の違いってないのです。

集客=契約

というわけではないですからね。

集客=問い合わせ

ということですので弁護士とか司法書士とか
税理士とか業種関係ないのです。

では、具体的に、どうやって集客を
行うか?

ということですが、それはもう案件ごとに
集客をするのです。

例えば弁護士であれば、過払いでも
離婚でも破産でも何でもいいです。

こういった案件ごとに集客を行うという
ことです。

司法書士なら、100万以下の過払いでも
不動産登記でも相続でも何でもいいですが
このような取り扱いできる案件ごとに
集客していくのが大事だということです。

そうやって説明をしていくと、よく言われるのが
案件を絞ると、お客様が減ってしまう・・・

とか言われます。

実は弁護士とか業種関わらず経営している
人って考え方でも、うまくいく人いかない人
って凄く似ているんですよね。

よく言われるのが、今までのお客様に
どう思われるか心配・・・

などという方がいます。

しかし、お客様って自分が思うほど、こちらの
ことなど考えてないんですよね。

それに覚えてないです。

実際に、あなたが突発的に何かを頼んだ業者など
その業者の顔や名前など憶えてますか?

名刺がないと名前すら思い出せないのでは
ないでしょうか?

そんなものなのですよね。

ですから、あなたが何か新しいことをやっても
誰も気にしてないのです。

取引先もお客様もそうですが依頼さえ終われば
全く弁護士のことなど思い出すことすらないのです。

これが弁護士関わらず飲食店でも、どんな
業種でも同じです。

常日頃から、そんなこと考えているほど
暇な人いないわけなんですよね。

ですから気にする必要ないんですよね。

それと同業者の目を気にする方もいますが
そんなものも気にする必要ないと私は
思っております。

なぜなら同業者に気を使って仕事が増えるので
あれば構いませんが、そんなことってないですよね。

うちの法律事務所、同業者の紹介だけで
4本の指に入ると言われる大手と変わらない
売上になったよ!!

なんて事例はないわけです。

そして今後も絶対に起きないです。

ですから気にする必要など一切ないと
いうことです。

私が何が言いたいかと言いますと集客を
自分で行い、仕事が常にくる状態を作りたい
のであれば、あれはできない、これは嫌だ、

っと言っていることが間違っていると
私は思うのです。

ではなく、とにかく行動してみて
それから何か問題が起きてから考えれば
いいんじゃないのかな?

っと私は考えております。

実際に弁護士でも司法書士でもTVCM
ラジオやネットなど派手にやっている
方もいらっしゃいます。

凄い方になるとアフィリエイトシステムまで
使って、お客さんを捕まえる仕組みにして
いる方がいます。

(あれは非弁にならんのかな?)

いちいちチクったりすることはしないですが
そこまでやっている人がいるのに自分だけが
あれもこれもできないでは勝てないということです。

もしよければA8とかで検索して弁護士
探してみて下さい。

私が言っていることが本当だと解かると
思います。

そこまで集客を考えて行動している人が
いるのであれば、やはりもっと考えていかないと
いけないと思います。

私の経験で言いますと、確実に集客できるのは
案件ごとに絞って集客することです。

それを業界全員がやる前に、いち早く着手するのが
私は良いと思います。

実際に、うちの会社が伸びたのは、どんな広告も
いち早く着手するからだと自分では思ってます。

あくまで私の考えですが、少しでも参考になって
くれれば嬉しく思います。

具体的にどうやって案件を絞るのか?

その方法は、メルマガで公開しておりますので
よければ登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客

弁護士は営業力が必要な仕事か

弁護士 営業力必要

どんな仕事も同じ

こんにちわ

河北です。

早い会社では今週末からGWに入るのかな?

私も、すっごく長く休んでみたい気もしますが
休むと不安なので結局働いておりまが病気ですね。

もう少し余裕を持てるくらいの会社に成長
させたいなぁっと日々思います。

本日は弁護士は営業力が必要な仕事?と
いうことについて書いてみたいと思います。

私、どんな仕事でも同じだと思いますが
営業力というか人間力が必要なのかなっと
思います。

弁護士に限定せずに、その他の士業の方も資格を
取得したというだけだと感じます。

例えばTVドラマでの弁護士とか昔はカバチタレ
とかありましたよね。

あれって法律違反なのかもしれないですが
本質的なことを感じておりまして、あそこまで
真剣にやってくれるのであれば、やはりお願いしたい
という依頼者は多いでしょうね。

もちろん現実の報酬などとの兼ね合いがありますので
難しいのかもしれないですけどね。

ちょっと名前は出せないですが、私の友達が
頼んでいる、ある行政書士の方の話を伺うと
弁護士に直接依頼するよりも、その方を通して
弁護士に依頼したほうがいいような感じです。

我々など素人なので、この方向でやりましょうとか
言いますが、これ以外の方法ないの?

という聞き方をすると、この方法が最善だと思う。

ということになるのです。

しかし友達の紹介の行政書士連れて行くと、
こういった方法で、できるでしょ?

少し面倒だけど、こうやってこうやって証拠
掴んだ方がよくないですか?

という感じで一緒に打ち合わせしてくれる
らしいのです。

それって凄くいいなぁっと思ったのと、結局
資格がどうとかではなくて、人間力なんですよね。

どれだけ機転がきいて、どれだけ親身になってくれるか
どれだけアイデアが出て、どこまでフォローしてくれるか?

というだけのことなんです。

私が昔お願いしていた税理士事務所の担当者も、
そうだったのですが資格は持ってない人でしたが
機転が利くのですよね。

だから話をしていて面白かったですし
別にイエスマンでもないし意見も言いますしね。

昔は月に1度くらいは、一緒に飯食いに
いっておりました。

思い起こせば、ややこしいことも全部
お願いしておりましたね。

ただ、どうしても資格がないので今は、
ちょっとうちの事情があり、お願いできないのが
残念なんですけどね。

では次に頼んだ税理士が優秀だったか?

資格持っているだけで機転効かないので
1度だけ飯食いにいって話をして
それから1度も行ってないです。

だから料金だけで安いとこに決めました(笑)

では、弁護士でも税理士でもいいんですが
もしあなたが依頼する、もしくはお付き合い
するのであればどれか?

資格だけ持っていて機転効かない人?

資格無くて機転効く人?

資格があり機転効く人?

私なら資格があり機転効く人です。

もしくは資格だけ持っていて機転効かない人を
激安で雇って、資格もってなくても機転効く人を
アドバイザーとしてつけるかな?

っとも思います。

そう考えると営業力というよりも人間力
という部分が士業は大事になってくるんじゃ
ないのかな?っとも思います。

私が思うには、今後は、そういった人間力が
あるような人が、優良顧客を掴んでいく
時代になるような気がします。

今でもそうなのかな・・・・

あくまで私の考えではありますが、少しでも
面白いと思って頂ければ嬉しく思います。

それ以外にも色々と弁護士の業界で気が付いた
ことありますので詳しくはメルマガで書いてますので
よろしければ登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客

弁護士ってhp制作は必要か

弁護士 hp制作

必要なものは時代により変わる

こんにちわ

河北です。

では今日は弁護士はhp制作って必要なのか
ということについて書いてみます。

昔ってhpなど必要なかったですが、今では
取引する際にhpくらい見ますからね。

ですからhp制作って私は必要だと思います。

それに昔と違って簡単にできるように
ドンドン進化してきてますからね。

ごくまれに、これ自分で作ったような
ウインドウ95的なhpを見かけますが

あのようなhpじゃなければ良いと思います。

というより外注に良いのを作ってもらった
方がいいと思います。

あとは何度もブログで書いてますがhp制作
する目的です。

目的さえしっかりすれば、私は良いと思います。

あなたのことを知っている方に見せるための
hpなのか?

もしくは、あなたのことを知らない方に
見てもらうためのhpなのか?

あなたのことを知っている人には何を
伝えればいいのか?

あなたのことを知らない人には何を
伝えればいいのか?

ということを考えてhp制作していかないと
チンプンカンプンなhpが出来上がりますので
気を付けないといけないです。

ただ業者に丸投げしたり他の会社と同じような
hpを作る必要はないですしね。

それに、時代的に何を調べるにも簡単にネットで
調べる時代になってます。

中には紹介だからhpは、いらない商売なんだと
言う方も、いらっしゃいます。

しかし、紹介してもらった後に、その方が
探した時にhpもないような弁護士・・・・・・

ってどう思うのかな?っと思います。

お互いに年配の方であれば、そこまでしないと
思いますが、私なら、必ず見ますからね。

それを踏まえて一度考えてみてほしいと
思います。

あくまで私の考えですので、参考になる部分だけ
参考にして頂ければと思います。

実際にどのようなhpを作ればいいのか?など
詳しくは、メルマガで書いております。

よろしければ登録しておいてください。

それ以外にもメルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客

ページの先頭へ