弁護士も職人ではダメな時代

こんにちは

アズクリエイティブ河北です。

本日は弁護士が行うインターネット
ビジネスモデルについて書いてみます。

これからの弁護士はビジネスモデルも
考えていかないと私はダメだと思います。

とくにインターネットを使うビジネス
モデルが必要だと思います。

ネットを使い何の案件を集客して誰が
電話対応をして、誰がクロージングするのか?

また誰でもクロージングできるようにして
いかないと組織として大きくできないので
そこはどうやって人を募集していくのか?

などですね。

ビジネスモデル次第では、かなり面白い
弁護士事務所になると私は感じております。

私なら、弁護士事務所として集客が
できる組織にしていきます。

通常弁護士ですと、事務所に所属しながら
クライアントを捕まえて仕事をして、その後
独立していき、そのまま経営していくという流れです。

しかし、そんな流れで独立していっても
どうせ集客をしなければ、永遠にクライアントが
付き合ってくれるという保証はないので
集客に着手しなければ仕事などなくなります。

であれば、これからの時代は、事務所として
集客を行い、それを終わらせていくという
弁護士を雇用していく時代というのが
私は時代に合っている気がします。

そして、これから弁護士になる方も自分で
独立するということではなく私は雇用されて
安定されるのを望んでいる弁護士も増えてくる
気がしております。

仕事として弁護士をしている。

という感じですね。

そういった方を集めていき、私なら
組織として集客に力をいれて専門特化の
案件を数多くこなすということを行います。

ただ1つだけ私が注意するのは、時期のビジネスには
手を出すことはしないと思います。

過払いがそうですが、あれで大きくすると
その時代が終わった時に、どうやって方向
修正していくのか?

ということが怖いですからね。

でも、弁護士ではない私でも、このくらいの
ことは考えるので、ぜひ一度考えてみてください。

私が弁護士の集客を手伝った仕組みを利用
すれば、必ずヒントが見つかると思います。

その動画はコチラです。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客

また、これ以外にも、メルマガで最新の集客に
ついて書いておりますので、こちらも登録して
おいてください。

メルマガの内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客