見た目は重要だけど

こんにちは

アズクリエイティブ河北です

本日は弁護士のホームページは
かっこういいのが良いのか?

ということについて書いてみます。

まず、ホームページは自作は絶対に
辞めた方がいいと思います。

ホームページの業界は、めっちゃ早いので
自分で作っても見栄えの良いものは作れない
と私は感じます。

そしてホームページの見栄えが悪いのは
お客様から見て、逆効果です。

パッと見た感じで、ボッサイと、
ここ大丈夫かな、、、

っと感じると思います。

ですからある程度のデザインは必要かと
私は思います。

ただ注意が必要なのは、ホームページは
あまりに現実離れしていてもダメなんです。

例えば、事務所がボッロボロのビルなのに
すっごく綺麗なイメージでホームページを
作ったりすると、これまた逆効果です。

実際に相談の際にビルに来た際に

「え!?ここ?イメージと全然ちがうな、、」

っとなるわけです。

ですから、嘘のないようにしていくということが
大事なんですよね。

面白い事例であるのですが、これが弁護士業界
ではないのですが住宅リフォーム会社の事例で
あったのが、自宅でやっていたんですよね。

でもホームページでは、すっごく綺麗な
リフォーム屋をイメージさせるような感じ
であったのです。

そして、どれだけホームページを見せるように
しても、ちっとも集客できなかったんです。

具体的に言うとアポイントのキャンセルが
相次いだのです。

それから事務所を借りて移転してホームページを
あまりに綺麗にしすぎずに、現実と変わらない程度の
イメージを持つように作り直したら急に反響が
出てきたという事例もあります。

そして市場調査をした結果、お客様は最初に
事務所を見に来たりしているお客様が多いという
ことも判明したんですよね。

ですから、全てが弁護士業界に当てはまるとは
限りませんが、同じ相談料であれば、誰でも
交通の便がよく、綺麗な事務所で、ある程度
大きな事務所に、まず最初に行くということが
あるかもしれないということを知っておいてください。

あくまで私の経験と考え方ではありますが
少しでも参考になってくれれば嬉しく思います。

では具体的にどのようなホームページを
作ればいいのか?

詳しくはメルマガで書いておりますので
よろしければ登録しておいてください。

メルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

・競争から自分だけ抜け出す集客方法とは

・見込み客と今すぐのお客様の集め方とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客