市場の原理原則を知れば簡単

こんにちは

アズクリエイティブ河北です。

本日は弁護士業界で生き残るには
どうしたら良いのか?ということに
ついて書いてみます。

これは、どの業界も同じでありますが
人口減少と共に、仕事は減っていきます。

市場というのは、どの業界もそうですが
無限にあるわけではないです。

有限の市場を取り合うという流れに
なっており、全てが平等に分け与えられる
という訳ではないですからね。

ということは、どうすればいいのか?

ということは、他の弁護士に流れている
仕事を横取りするしか方法はないと
私は思っております。

これは、どの業界も同じです。

ということは、同業者が出している場所に
広告を出していくということをする
必要があります。

何もしなければ仕事はドンドン減っていく
だけであり、何かをすることで仕事は
増えていくということです。

そして、これは原理原則での話になるのですが
今の競合のお客様を横取りすることも
できるのです。

例えば、あの弁護士は、いっぱい顧問を
やっているので羨ましいなぁ、、、、

っと思うようなことがあれば、それも
横取りすることができるのです。

すぐに横取りできるわけではないですが
原理原則で考えていくと必ず横取りできます。

そんなことは簡単ですが書くと長くなるので
またの機会に書きますが、基本は全部横取りです。

これを覚えておいてほしいんです。

ということは、広告というのは必ず必要であり
そして広告というのは、反響以外にも実は効果が
あることも知っておいてほしいです。

詳しくは、メルマガで書いておりますので
よければ登録しておいてください。

この原理原則に気が付いてない方が
今後生き残るのが不可能になると
言われております。

また集客方法は沢山ありますので、最新集客方法は
メルマガで限定公開しておりますので、よければ
登録しておいてください。

それ以外にメルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客