真面目なら良いという時代

こんにちは

アズクリエイティブ河北です

本日は法律事務所はマーケティング
必要なのか?ということについて書いてみます。

私が覚えている20年前くらいは
マーケティングというよりは
営業力の時代だったように思います。

訪問販売やテレアポなどで人海戦術で
とにかく人を雇用していくという時代
だったように思えます。

私も、まだ若く右も左も解からなかった
ので、うる覚えではありますけどね。

現在私が42歳なんですが私が18歳の時は
弁護士業界とは少し外れますが
新興産業を覚えてます。

「ぱっとさいでりあ~~~」

というのと訪問販売ですね。

その後は、ペイントハウスですね。

あれも訪問販売で一気に上場までして
たしかどっかの住宅会社を買収したり
すごかったのを覚えてます。

そこからドデカイショールーム作って
失敗したとか、してないとかで今も
まだあるのかな?

ちょっと解からないですが住宅リフォーム
業界で言うとこんな感じでした。

でも、これってどの業界でも同じだと
思うのですが時代によってマーケティングって
変わってくるのだと感じております。

今までは弁護士といえば弁護士の数より
案件が多いという夢のような業界で
あったのかもしれないです。

しかし弁護士の数を増やすということで
廃業や仕事が減ってきているという
弁護士も増えてきております。

であれば、こういったマーケティングや
時代の流れと共に動く顧客の動きなどを
気にしていくのが今後は大事だと思います。

ネットが浸透した今の時代は完全に顧客が
弁護士を選り好みして選ぶ時代です。

その事実というのを受け入れて今後は
勉強していくしかないと私は思ってます。

あくまで私の経験ではありますが少しでも
参考にしていただけると嬉しく思います。

マーケティングの大事さは解かったけど
とりあえず手っ取り早く事例を見てみたい
ということであれば私が実際に行った方法を
公開しておりますので、よろしければ、ご覧下さい。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客

まだまだ集客方法は沢山ありますので、最新集客方法は
メルマガで限定公開しておりますので、よければ
登録しておいてください。

それ以外にメルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

・競争から自分だけ抜け出す集客方法とは

・見込み客と今すぐのお客様の集め方とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客