良い広告と悪い広告

こんにちは

アズクリエイティブ河北です。

法律事務所についての広告ブログを
書いているのですが、私、広告は過去15年以上、
チラシ、新聞、ネット、ミニコミ誌、TV、PRなど、

ありとあらゆる広告をテストを繰り返していたので
まだまだ書きたいことがありますので
よければ読み続けて下さいね。

今日は法律事務所の広告について
書いてみたいと思います。

広告というのも2種類あり、即反響が取れる
広告と認知度をあげる広告があります。

これも面白いのですが、まずは即電話が
鳴るような広告で仕事を取るのが理想です。

ただあくまで最初です。

それだけで永遠には仕事取れなくなりますので
それを行いながら認知をされる広告も同時に
行っていくというのが大事です。

例えばネットで即集客できる広告を掲載して
それで電話が鳴るようになれば、次はネットで
くるお客様の地域や層をデータ化して
その方たちが無意識に見る広告をテストして
いくのです。

すると反響がドンドンあがってきて増員したり
していき、事務所を大きくしていくという
流れで大きくなっていくと感じます。

私がお付き合いしている法律事務所も4つ
ありますが2つは大手法律事務所です。

1つは5~6人規模の小さなとこ

もう1つは1人でやってる小さなとこ。

これを見ておりますと広告への考え方が
全く違いますね。

でも、広告を行わないと基本的に仕事は
増えていかないということはありますので
今のうちに着手していくことで今後に生き残れるか
どうかを感じることができると思います。

ではネット広告で、どこにどう広告を出したら
バンバン電話が鳴るのか?

ということですが、ブログに書いちゃうと
同じような広告が沢山でてしまいますので
詳しくはメルマガで書きますので登録して
おいてくださいませ。

ちょっとブログでは書きにくいバンバン集客した
成功事例を公開していきます。

メルマガの内容は

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

メルマガは1000人以上の方が
読んでいるメルマガを書いているので
よろしければ登録しておいて下さい。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客