集客のやり方次第で何でも可能

こんにちは

アズクリエイティブ河北です。

本日は顧問弁護士の依頼をもらう
ための集客はできるのか?

ということを書いてみます。

顧問弁護士の依頼でも何でもそうですが
基本は集客できると私は思ってます。

あとはやり方の問題です。

例えば顧問弁護士って即必要という
こともないわけであります。

何かの、きっかけで会社の顧問という
ことになっていくという感じです。

となると、いきなり電話かかってきて

「顧問弁護士になってください!!」

という電話は、考えにくいということ
ですよね。

であれば、どうやって顧問にしていくのか
ということを考えてみてください。

というか、もう具体的に書くとですが
例えば、個人再生とか、そういった依頼から
顧問弁護士につながる可能性は低いと
私は感じるのです。

なぜなら、これから再生していくので
余計なお金は使えないですからね。

では離婚の弁護からではどうか?

ということです。

これまた、もしかしたら社長やっていた人が
離婚でお願いして、意気投合して顧問に、、、

なんてこともあるかもですが、これでは
少し仕組化しずらいこともありますね。

では、何で依頼きた人が一番良いのか?

これが答えなのです。

債権回収の依頼であれば、法人が相手に
なるわけでありますから話次第では
顧問になる可能性があるということです。

こういうように考えていくと一体何の
依頼の相談を頂けば、一番顧問として
依頼を受けやすくなるのか?

ということを考えてみてください。

顧問弁護士を探しているという人は
基本は、あんまりいないです。

こうやって考えていけば、あなたが欲しい
依頼というのを先に考えて、お客様の行動を
予測していけば集客など簡単だということです。

少しでも参考になってくれると嬉しく思います。

どんな依頼でも集客する媒体はネットです。

実際に私がネットを使いどうやって集客しているのか?

そんな事例を動画で公開してますので、よければ
ご覧くださいませ。

コチラです。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客

また集客方法は沢山ありますので、最新集客方法は
メルマガで限定公開しておりますので、よければ
登録しておいてください。

それ以外にメルマガで書いている内容は、

・ネットで集客できるHPとできないHPの違いとは

・今後の弁護士業界について

・現在弁護士業界で起きている出来事

・他の業界からマネして弁護士業界に
活かせる面白い広告や考え方

・ニュースを見て弁護士業界に置き換えて
いき集客する方法や先行きを予測する方法

・弁護士集客での成功例・失敗例の公開

・他ではマネできない集客方法の作り方とは

・明日からできるネット集客法とは

・弁護士業で上手く行っている方の思考とは

・弁護士業界の隙間ビジネスとは

・伸びない事務所と伸びる事務所の、ある違いとは

・誰にも頼らず集客する方法とは

・クライアントから顧問を是非お願いしますと
言わせる方法とは

・弁護士としてブランディングする方法とは

・2018年の最新集客方法とは

・アディー○に学ぶ集客方法とは

など、弁護士業界に特化したリアルタイムで
入手した内容をメルマガで書いております。

1000人以上が購読しているメルマガも
発行しております。

メルマガでしか書けない話もありますからね。


弁護士集客,社労士集客,司法書士集客,税理士集客,行政書士集客,士業集客